慢性腎臓病

炎症と線維化は慢性腎臓病の進展に深く関与しています

CKD News

先生のご所属は取材時のものになります

保存期

CKD診療における病診連携の重要性

慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)の患者数増加や高齢化に伴い、CKD診療における腎臓専門医とかかりつけ医による病診連携の重要性は高まり、全国的に広がってきている。そこで、大学病院や基幹病院において腎臓専門医として活躍され、現在は主に地域のかかりつけ医としてCKD診療に携わっている八田内科医院 院長の八田告先生に、CKD診療における病診連携の重要性や期待できる成果などについて伺った。

PDFダウンロード

2020年7月取材
八田内科医院 院長
近江八幡市立総合医療センター
腎臓内科 腎臓センター顧問
八田 告 先生

滋賀県におけるCKD診療の地域連携戦略

近年、慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)診療において、腎臓専門医とかかりつけ医が連携してCKD患者さんを診療するシステムが全国各地で構築されつつある。CKD診療における地域連携を推進する取り組みが全国的に広がる以前より、地域連携パスを展開していた滋賀県では、病診連携に加えて病薬連携を積極的に進めている。そこで、滋賀医科大学医学系研究科 内科学講座 糖尿病内分泌・腎臓内科 准教授の荒木信一先生に、滋賀県におけるCKD医療連携の取り組みと課題・展望について伺った。

PDFダウンロード

2020年7月取材
滋賀医科大学 医学系研究科 内科学講座
糖尿病内分泌・腎臓内科 准教授
荒木 信一 先生

聖マリアンナ医科大学病院におけるCKD教育入院

聖マリアンナ医科大学病院では、7日間のプログラムで「慢性腎臓病(CKD)教育入院を実施しています。患者一人ひとりの状態に応じて、医師による教育指導や管理栄養士による食事指導、理学療法士による運動指導など、包括的な指導を行うことで、腎不全進行の抑制を目指しています。当院における教育入院の取り組みと工夫、さらにはその成果と今後の課題などについて紹介します。

PDFダウンロード

2020年3月取材
聖マリアンナ医科大学
腎臓・高血圧内科 准教授
櫻田 勉 先生

CKD診療におけるチーム医療

慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)患者の病態複雑化が進み、CKD診療の質の向上を図り、末期腎不全からの透析/移植や、心血管系疾患などの合併症発症を抑制するためには、医師や看護師、薬剤師、管理栄養士なども含めた多職種で取り組む重要性が高まっています。ここでは、聖マリアンナ医科大学病院におけるCKDチーム医療の実践を紹介するとともに、チーム医療の目的や成果について概説します。

PDFダウンロード

2020年3月取材
聖マリアンナ医科大学
腎臓・高血圧内科 准教授
櫻田 勉 先生

CKD診療におけるチーム医療の重要性と教育入院の意義

慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)診療は、原疾患の治療だけでなく、生活習慣の是正や食事療法など多岐にわたることから、医師のみで行うには限界があり、看護師、薬剤師、管理栄養士なども含めた多職種連携(チーム医療)で取り組むことが求められる。そこで、聖マリアンナ医科大学 腎臓・高血圧内科 准教授の櫻田勉先生に、CKD診療におけるチーム医療の重要性や、同施設における多職種連携、CKD教育入院の成果などについて伺った。

PDFダウンロード

2020年3月取材
聖マリアンナ医科大学
腎臓・高血圧内科 准教授
櫻田 勉 先生

CKD患者のトータルケアを目指した腎臓リハビリテーション

慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)患者の高齢化が進んでいることから、筋肉量や運動能力の低下と心血管疾患の発症を予防するために、運動療法を中心とした腎臓リハビリテーションの重要性が高まっている。
そこで、世界で初めての腎臓リハビリテーションガイドラインの作成において中心的役割を果たした、東北大学 大学院医学系研究科 機能医科学講座 内部障害学分野 教授の上月正博先生に、腎臓リハビリテーションのポイントや食事療法の留意点などについて伺った。

PDFダウンロード

2019年6月取材
東北大学 大学院医学系研究科
機能医科学講座 内部障害学分野 教授
上月 正博 先生

CKD患者における骨代謝異常とリン管理の重要性

慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)患者は、加齢、腎機能低下等に伴い骨折リスクは上昇する。特に透析患者では一般人口に比べ骨折率が高く、QOLや生命予後にも影響する重大な問題である。そこで、大阪市立大学大学院医学研究科 代謝内分泌病態内科学(第二内科学教室)教授 稲葉 雅章 先生に、CKDにおける骨代謝異常とリン管理の重要性について伺った。

PDFダウンロード

2019年2月取材
大阪市立大学大学院医学研究科
代謝内分泌病態内科学(第二内科学教室)教授
稲葉 雅章 先生

CKDにおけるリン管理の重要性と食事療法の実践ポイント

慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)患者における高リン血症は心血管系イベント発症・増加、生命予後等に影響するため、その治療は重要である。食事療法が治療の基本であるが、リンはあらゆる食品に含まれており、実践にあたっては考慮すべきことも多い。そこで、徳島大学大学院医歯薬学研究部分子栄養学分野 教授 宮本賢一先生に、リン管理の重要性と食事療法の実践ポイントについて伺った。

PDFダウンロード

2018年8月取材
徳島大学大学院医歯薬学研究部
分子栄養学分野 教授
宮本 賢一 先生

CKDにおける冠動脈石灰化リスクとリン管理の在り方

慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)患者において心血管疾患(cardiovascular disease:CVD)の合併は生命予後にも影響する重大な問題である。CVD発症・ 進展には血管石灰化が関係しており、その予防が重要である。そこで、神戸大学 大学院医学研究科 腎臓内科 腎・血液浄化センター藤井秀毅先生に血管石灰化の 病態、リンコントロールの重要性について伺った。

PDFダウンロード

2018年2月取材
神戸大学大学院医学研究科
腎臓内科 腎・血液浄化センター
藤井 秀毅 先生

透析期

CKD患者における栄養管理・リン管理の重要性と実践的な工夫

慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)患者は、腎機能の低下に伴い体内からのリン排泄量が減少する。特に透析期には体内にリンが蓄積されやすくなり、高リン血症を来たすため食事から摂取するリン量の調整などが必要である。そこで、川崎医療福祉大学 医療技術学部 臨床栄養学科 特任准教授 市川 和子先生に、CKD患者における栄養管理・リン管理の重要性と実践的な工夫について伺った。

PDFダウンロード

2019年12月取材
川崎医療福祉大学 医療技術学部
臨床栄養学科 特任准教授
市川 和子 先生

高齢透析患者における低栄養・消耗関連病態と対策

透析患者の高齢化に伴い、サルコペニア、PEW (protein energy wasting)、フレイルなどの低栄養・消耗関連病態が予後にも影響しうる要因の一つとして注目されている。そこで、東京女子医科大学 血液浄化療法科准教授 花房規男先生に高齢透析患者の病態を踏まえ、低栄養・消耗関連病態とその対策について伺った。

PDFダウンロード

2018年8月取材
東京女子医科大学
血液浄化療法科 准教授
花房 規男 先生

透析患者におけるポリファーマシー問題とその対策

慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)患者は、腎機能低下に伴い、さまざまな合併症が出現するためポリファーマシー(多剤併用・多剤処方)であることが少なくない。ポリファーマシーにより、薬物有害事象などの多様な問題が発生するため、その対策は不可欠である。そこで、和歌山県立医科大学腎臓内科学講座 教授 重松 隆先生にポリファーマシーの実態と対策について伺った。

PDFダウンロード

2018年3月取材
和歌山県立医科大学
腎臓内科学講座 教授
重松 隆 先生