作用機序

マスーレッドは、HIF※1の安定化を通じて内因性EPO※2の産生を誘導し、赤血球の産生を促進します

マスーレッドは、HIF-PH※3の活性を阻害して、HIF-αを安定化させる作用を有します。

安定化したHIF-αは核内に移行し、HIF-βと結合してEPO遺伝子の転写を活性化し、内因性EPOの産生を誘導します。その結果、骨髄における赤血球産生が促進すると考えられています。

 

マスーレッドの作用機序

Alt tag

Flamme I et al. PLoS One. 2014; 9: e111838.

バイエル薬品社内資料[薬理作用:HIF-PH阻害作用(in vitro)]より作図

マスーレッド作用機序動画

マスーレッドの作用機序(低酸誘導因子「HIF」が誘導する赤血球産生のメカニズム)についてご紹介します。

動画を見る