<医療関係者向け>

バイエル医療関係者向け総合サイト

MLSとWEB面談を設定頂く為の
新しいデジタルサービスです

確かな品質で、患者さんを支えたい。

この研究から透析医療の明日が生まれます。

<一般向け>

透析患者さんの毎日を応援するサイト

おいしくて体にやさしい透析食のレシピが満載

慢性腎臓病に関する情報総合サイト

作用機序

ケレンディアはアルドステロンによるMRの過剰活性化を抑制し、ACE阻害薬/ARBに追加することで、心血管・腎イベント抑制が期待されます。

非ステロイド型ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬 (MRA)であるケレンディアは、ミネラルコルチコイド受容体 (MR)の過剰活性化を抑制することで、心血管・腎障害の発症や進展を抑制します。 
特に、ACE阻害薬またはARBへ追加投与することで、これらの薬剤で抑制しきれなかったアルドステロン、あるいはアルドステロン非依存的な機序によるMRの過剰活性化を抑制することで、心血管・腎イベントの発症抑制に貢献することが期待されます。 
2型糖尿病を有する患者において、心血管・腎イベントの発現リスクが上昇する要因の一つに、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)の亢進が関与することが知られています。そのため、ACE阻害薬またはARBに加えて、RAASの最下流にあるMRの活性化を直接阻害する治療法は、心血管・腎イベントのリスクを低減させることが期待されます。

作用機序
  • ACE阻害薬/ARBはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系の上流を抑制することで、心血管・腎イベントを抑制します1-2)
  • ACE阻害薬/ARBによっても抑制しきれないアルドステロンが存在します (アルドステロンブレークスルーなど) 3-5)
  • アルドステロンがMRの過剰活性化を引き起こします6-7)。糖尿病や肥満などは直接MRの過剰活性化を引き起こします 7)
  • MRAであるケレンディアは、アルドステロンによりMRの過剰活性化を抑制することで心血管・腎イベント発症抑制に貢献します。

1)Palmer SC et al. Lancet 2015; 385: 2047–2056  
2) Thomopoulos C et al. J Hypertens. 2017;35:922–944  
3) Staessen J et al., J Endocrinol 1981:91:457-465  
4) Bomback AS et al., Nat Clin Pract Nephrol 2007:3:486-492  
5)Schjoedt KJ et al., Diabetologia 2004:47:1936-1939  
6) Bauersachs J et al., Hypertension 2015:65:257-263  
7) Nishiyama A. Hypertens Res. 2019 ; 42 : 293-300

動画

Video title

YYMMDD Author/Uploaded by

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

早期治療の重要性とケレンディアの作用機序について紹介します。

動画を見る

2型糖尿病を合併する慢性腎臓病患者(ただし、末期腎不全又は透析施行中の患者を除く)に対するケレンディアの作用機序について紹介します。

動画を見る

ミネラルコルチコイド受容体の過剰活性化メカニズムとケレンディアの役割について柴田先生にご解説いただいた動画です。

動画を見る

禁忌を含む注意事項等情報の詳細については、最新の電子添文をご参照ください

<医療関係者向け>

バイエル医療関係者向け総合サイト

<医療関係者向け>

MLSとWEB面談を設定頂く為の
新しいデジタルサービスです

<医療関係者向け>

確かな品質で、患者さんを支えたい。

<医療関係者向け>

この研究から透析医療の明日が生まれます。

<一般向け>

透析患者さんの毎日を応援するサイト

<一般向け>

おいしくて体にやさしい透析食のレシピが満載

<一般向け>

慢性腎臓病に関する情報総合サイト