慢性腎臓病

すべては、慢性腎臓病患者さんのために

<医療関係者向け>

バイエル医療関係者向け総合サイト

<一般向け>

透析患者さんの毎日を応援するサイト

おいしくて体にやさしい透析食のレシピが満載

慢性腎臓病に関する情報総合サイト

知っているようで、知らない 腎臓トリビアクイズ

今月のクイズ

Q
イルカが塩分過剰にならないのはなぜ?
A
ほとんど海水を飲まないから
  • 海産哺乳類であるイルカやクジラは塩分濃度の高い尿を排出できる能力を持つ腎臓を持っており、海水から真水を得ることもできるようですが、海水はほとんど飲まないと考えられています。
    では、どうやって水分を補給しているのでしょうか。
    実は、大量に食べる魚やオキアミから得ているようです。
    魚の体液の塩分濃度は哺乳類と大差なく、オキアミの体液の塩分濃度は海水の半分程度なので、水分を海水から得るよりは腎臓の負担が少なくて済むと考えられます。

    【出典】
    Ortiz RM. J Exp Biol. 2001; 204: 1831-1844.
    竹内 均(編). もっと「話が面白い人」になれる雑学の本. 三笠書房, 2012年
  • NEP細胞

目次ページへ

 
マスーレッドの臨床試験

赤血球造血刺激因子製剤[ESA]未治療の腎性貧血を有する血液透析患者を対象としたMIYABI HD-C試験についてご紹介します。

<医療関係者向け>

バイエル医療関係者向け総合サイト

<一般向け>

透析患者さんの毎日を応援するサイト

<一般向け>

おいしくて体にやさしい透析食のレシピが満載

<一般向け>

慢性腎臓病に関する情報総合サイト