慢性腎臓病

炎症と線維化は慢性腎臓病の進展に深く関与しています

見える指標/診ていく指標

腎機能を評価する主要な指標について、さまざまなデータをもとに解説したコンテンツです。
各指標の詳細や腎機能を測定・評価することの臨床的な意義を再確認していただくことにお役立ていただけます。
慢性腎臓病患者さんの日常診療の参考としてご活用ください。

慢性腎臓病の診断・治療に関わる検査指標とその意義とは?

タンパク尿を診る

尿タンパク検査には、尿タンパク定性検査と定量検査の2つがあり、尿試験紙を使って調べる定性検査は、簡便で安価なことから多くの健診で活用されています。
尿タンパクと腎不全リスクや、両検査の特徴や検査時の注意点について解説します。

アルブミン尿を診る

アルブミンは尿タンパクの成分の一つであり、尿中には試験紙法の検出限界以下の微量のアルブミンが存在することがあります。
本コンテンツでは、微量アルブミンと患者さんの予後の関係、保険診療上の取り扱いについて解説します。

eGFRを診る

eGFR(推算GFR)は血清クレアチニン値と年齢、性別から求めれ、腎臓の糸球体が1分間に処理できる血液濾過量(推算値)を表しています。
日常診療でよく診られている本指標の測定意義、注意点、重症度分類について解説します。

L-FABPを診る

L-FABP(肝臓型脂肪酸結合タンパク)は腎臓の近位尿細管に存在する脂肪酸結合タンパクであり、尿細管の機能障害を伴う腎疾患の早期診断に有用なマーカーとして近年注目されています。
L-FABPの概要、他のマーカーとの違いについて解説します。